自動蒸留分析器 OSK 12LJ126

自動蒸留分析器 OSK 12LJ126

<特長>

  • ASTM D86, D285, D4737 及び関連の国際規格に準拠
  • 自動温度較正システム付のPt-100 RTDが精査
  • WindowsR環境で使用するパッケージ ソフトが付属し、コンピュータ管理が可能
  • LIMSよりエクスポート可能
  • 初期沸点(IBP), 最終沸点(FBP), 乾燥点, 気圧, 及び残留補正の自動検知可能
  • 温度及び容量の較正を自動的に実行
  • 蒸留速度(2-15mL/min)がプログラム可能
  • 0~4蒸留グループが使用可能
  • CFC使用していない高性能冷却&加熱システム
  • 光学メンスカス検知器付の精度レベル追従システム
  • 自動消火システムが内蔵(手動操作の選択も可能)

仕様

型番 OSK 12LJ126
蒸留温度範囲 0 ~450℃
凝縮器温度 -5 ~ 60℃ (精度:±0.1℃, 閉ループシステム)
受液器チャンバー温度 0 ~ 60℃ (精度:±0.1℃)
蒸留速度 2 ~ 15 mL/min (増加量:0.1mL, ユーザ選択可能)
受液ボリューム 0 ~ 100 mL (精度:±0.01mL)
気圧 自動センサー付の自動気圧較正ユーティリティ 550 to 900 mm H (精度:±1mm Hg)
乾燥点検知 乾燥点検知ボードが標準付属品と共に装備。ASTM D850 と D1078 テストを行うには乾燥点センサー, 200 mL フラスコ, PTFEプラグが必要
操作の環境温度 0~45℃
寸法 LxWxH(cm) 約53.3×54.6×70.5cm
重量(kg) 91kg
お問い合わせフォーム
お気軽にお問い合わせ下さい。可能な限り早くご対応いたします。
お電話によるお問い合わせ先
(高田馬場支店)TEL 03-6908-5257 FAX 03-6908-5258

    品名(必須)
    型番または品番
    見積書の依頼関連する製品情報の配信
    ※上記2つに当てはまらない場合や、機能についての具体的なご質問は、以下にご記入ください
    お名前(必須)
    お名前(フリガナ)
    組織名・会社名(必須)
    部署名・所属・役職
    E-Mailアドレス(必須)
    電話番号(必須)